一般社会でチワワが共存していくには

一般社会でチワワが共存していくには

 

子犬の時期に優しく接するのはもちろん、ペットのルールを地道に習得させることは、まず大切ではないでしょうか。忍耐力を持って可愛い子犬をしつけてくださいね。

感情的には子犬は、うるさいことは言いたくなくなるものです。でも、幼い時こそ、必要なしつけのトレーニングをきっちりと実践するべきと言ってもいいのではないでしょうか。

まず、自宅の中でワンコを育てるオーナーの皆さんには、トイレのしつけというのは必ず通る課題で新たに子犬を迎えるその時から、すぐにスタートして頂くことをおすすめします。

通常、叱るより褒める行為が、ポメラニアンのしつけ対策として一層の効果あるんじゃないでしょうか。できたら大袈裟に賞賛することがときには肝要だろうと思います。

成犬を迎えてもトイレとか、様々しつけることは充分できますが、とにかく迎え入れた犬がその環境に違和感など持たなくなるのが先決です。


とりたててしつけをしておくと良いのが、飛びつきでしょう。遊び気分で、ラブラドールのような大型犬が誰かに飛びつき、勢いで噛みついて、ケガをさせることだってあり得ます。

散歩の最中であっても、犬のしつけは行なうことができます。街中の信号では、「おすわり」などの命令の訓練に最適です。不定期に止まって、「待て」が可能だと思います。

一般社会でチワワが共存していくには、社会性のようなものを憶えないといけないと思います。ですから、社会性は子犬からしつけを始めないといけないと考えます。

黒毛のトイプードルのことが他のトイプードルより最高に賢いとみられます。なのでしつけをしても覚えが良いような傾向にあると思います。

良く噛む犬の、その理由を探知して、過去の誤ったしつけについて見直したりして、噛むクセなどを改善してみましょう。


仮に生まれて間もないミニチュアダックスフンドであっても、手に入れたや否や、いえ、実際には迎える以前の準備の時からしつけというのは始まっています。

例えば、お子さんに対しても「今のままでは聞き分けが全くない」「物事の善悪を覚えさせたい」などと考えて、保護者として対応するように、吠えるのが日課の犬のしつけも大差ありません。

チワワをペットにして、はじめにするしつけがトイレのしつけだと言えます。チワワにも、いろんな感じの小犬がいるようですから、とりたてて焦ることなく頑張ってしつけてみるのが良いでしょう。

全般的にポメラニアンは利口な犬であることから、幼い時期からしつけなどをすることは容易です。とりあえずベーシックなしつけは、6か月ころくらいまでに済ませておくと良いかもしれません。

飼い犬が吠える訳や環境を観察し、周辺環境を改善し、しつけをしていくことが、チワワが無駄吠えする回数を軽減する最適な方法でしょう。